ネット検索結果の「逮捕歴」削除について最高裁が判断「削除認めず」「公表されない利益が検索結果を残す必要性より上回る場合のみ認められる」 … 今後も公益性の高い事件報道等は共有可能