稲田防衛大臣「教育勅語の核の精神、孝行や相和などは今も大切なものとして維持されている」「日本は教育勅語の精神である高い倫理観で、世界から尊敬される道義国家を目指すべきだ」