朝日新聞社説「13年前の事実に反する答弁を繰り返していた稲田防衛相は国会答弁の重みを理解していない。不明確な点があれば答弁を保留し、事実を確認したうえで答弁すべきだ」