<山口組分裂>井上親分も負けず劣らず大きい。若いころから相手に威圧感を与えないように 自らが腰を低くし同じ目線に合わせる気配りをしとった。