【黒田勝弘】歴史の“愛国商業化”で劣化が進んでいる B級低俗な反日映画、足を運ぶ観客が気の毒