【朝鮮日報】「韓国に謝ろう」タイトルで釣る日本の極右作家 しかし、冷めた反応を示す日本人も多い。