カナダ国籍の朴社長「もうヘイトクライムが実際に発生している。もはや一刻の猶予もない」