「死後においてもこの世に残り、怨霊となり永遠に祟り続けます」 … 富岡八幡宮の死傷事件、富岡茂永容疑者(56)が事件直前に投函した手紙が氏子に届く