民進解党せずに政治資金と組織を維持したうえで、希望の党との合流を目指す案が有力