90年の盧泰愚・韓国大統領の来日時、陛下のお言葉「痛惜の念」、韓国側は「遺憾」より踏み込んだ内容を求めた事が判明!